左右の足の長さの違いは骨盤の歪みに関係が

足の長さが違うのは骨盤が歪んでいる

足,骨盤

 

足は骨盤を中心にして、左右前後あらゆる方向に動きます。骨盤と背骨の間の関節である仙骨関節や、とても動きが少ない仙骨関節や恥骨結合等の部分も動きます。身体をねじったり、前屈みになったり歩いたりと自由と動けるようになっているのです。

 

骨盤の理想の状態は、真っ直ぐに立った時に左右の角度が同じである事です。姿勢が正しいのも条件で、左右の骨盤の動きが違うと足の長さに繋がってきます。骨盤が前傾に傾くと足は長くなり、後傾すると足は短くなります。しかし骨盤に正確な位置があり、前傾過ぎても後傾き過ぎても良くないです。

 

骨盤が前傾するとお尻が突き出てしまい、後傾すると反り腰になってしまいます。下腹部に守るものがなくなるので、贅肉が付きやすくなります。大腿骨の内側がむくんで、冷え性の原因にもなります。足の長さが異なっていたら、骨盤の正確な歪みが分からないのでどちらの足に長さを合わせるのが良いのかは分からないです。

 

長い方に合わせるのか、短い方に合わせるのか左右両方に合わせるのかは難しい作業です。ただし1.2センチの違いであれば、心配する必要はないです。そもそも人間の身体は左右対称はあり得ないため、少しの歪みなら問題ないです。

内股の原因は骨盤の歪み

足,骨盤

 

内股になる原因は、骨盤が歪んでいる事が原因です。内股は両膝がくっついている状態で、膝と膝が離れていても内側を向いていると内股になります。内股になっていると、剃り腰になっていて骨盤が前に傾いています。骨盤が前傾すると骨盤の上部にある腸骨は閉じてしまうが、その反対に一番下にある座骨部分は外側に開きます。

 

坐骨とすぐ隣に位置している股関節も外側に広がり、太ももの間も離れてしまい内股になるのです。股関節の広がりと内側に向かった重心によって太ももは内旋していき、膝も内側を向くのです。内股を直すには、内側に向いている膝を外にねじるようにします。

 

難しい動作はなく、どこでも出来るので簡単です。両方の脚を揃えて真っ直ぐに立って、内側に向いている膝関節を正面に向けるようにして膝をねじります。お尻をしぼめるイメージで、前傾している骨盤を後ろに傾けていきます。ゆっくりと、深呼吸をしながら毎日行います。

 

内股を解消して予防するためには、正しい姿勢でいる事も重要です。しかし長年定着した内股を改善するには、自力で治すのは意外と難しいです。猫背や足を組む癖のある人は、内股は中々治らないです。骨盤を正しい位置に持ってくる事が出来るグッズがあるので、利用すると助かります。

骨盤の歪むとどうなるか

足,骨盤

 

骨盤が歪むと身体のバランスが崩れてきて、体調にも影響を及ぼします。骨盤が歪んでくると、身体の中のバランスが崩れて血液の流れを妨げるので冷え性やむくみを引き起こしてしまいます。身体の冷え性は脂肪燃焼の低下に繋がるので、代謝を低くさせてしまいます。

 

ダイエットを行っても、代謝が低いと効果が現れにくくなります。このため骨盤のストレッチを行って、改善していきます。体幹部の筋力が使われなくなり、たるみの原因にもなります。筋肉が使われなくなると脂肪燃焼がされなくなり、脂肪のがどんどん溜まってしまいます。

 

筋肉を使って脂肪を燃やす身体を作るために、骨盤のストレッチを行ないながら筋肉も同時に鍛えます。姿勢も悪くなり、自然と猫背になったりO脚になったりと体型に悪影響を及ぼされます。こうなるとお腹もポッコリと出てきてしまうので、メリハリのない身体になってしまいます。

 

骨盤とポッコリとしたお腹を解消するには、骨盤枕です。枕を骨盤に当てて5分間横たわる事で、骨盤が正常の位置になりポッコリお腹も解消されます。筋力が低下して血流が悪くなると、肩こりや腰痛の原因にもなります。血流を良くするためには、お尻歩きをします。

 

骨盤が歪んでいると、便秘になりやすいです。骨盤が後ろに傾いていると股関節を圧迫するので、内臓に負担をかけてしまうので便秘になるのです。

エクスレーヴ骨盤ショーツの通販購入はこちら!トップページへ骨盤の歪みに悩みを抱えている方、骨盤矯正をして痩せたい方はトップページでエクスレーヴ骨盤ショーツについても確認してみてください。