くびれがある人とない人の違い

くびれがある人とない人の違いはどこか

くびれ,ある人,ない人,違い

 

くびれがある人は遺伝的に肋骨と骨盤の距離が広く、努力をしていてもくびれが出来ない人は肋骨と骨盤の距離が狭いです。くびれは遺伝的な要素が関係していて、一生懸命努力をしても、自分が望んでいるくびれが手に入らない場合が多いです。

 

しかし遺伝以外の理由もあり、普段の生活のクセも原因になっています。これにより、寸胴体型になってしまいます。お腹を意識しないでダラダラとした姿勢で長時間座っていたり、背中を丸めた状態でお腹を意識していないとお腹周りの筋肉が弱まってしまいます。

 

こうなると、肋骨と骨盤が本来のある位置より近くなってしまいくびれがなくなります。寸胴体型を解消するには、近くなっている肋骨と骨盤の位置を元に戻る事です。このためには、お腹周りの筋肉を鍛える事です。こわばりエクササイスを行って、横腹を鍛えるにはビューティー筋エクササイズを行う事です。

 

効果的に寸胴体型を解消する事が出来るので、理想的な体型になれます。こわばり筋エクササイズは、左右を10秒づつ行います。ビューティー筋エクササイズは、左右8回づつ行いゴムボールを使って行います。無い場合は、バスタオルを丸めても代用する事が出来ます。

くびれがある人とない人の違いその2

くびれ,ある人,ない人,違い

 

女性はウエストが引き締まっているのに、男性は寸胴である事が多いです。この理由は骨盤にあり、男性の骨盤は女性の骨盤に比べると正方形の形になっています。女性の骨盤は、男性と異なり横長の長方形のような形をしています。

 

骨盤の形が正方形の男性は、肋骨と骨盤の間に隙間がないです。女性の場合は骨盤の形が長方形なので、肋骨と骨盤の間に隙間があります。肋骨と骨盤の隙間が、ウエストがくびれていると言う事になります。

 

どんな体型でもくびれを作る事は出来るが、くびれが出来やすい体型と出来にくい体型はあります。隙間の大きさには人によって違いはあり、同じ女性でも骨盤と肋骨の隙間の大きさに違いがあります。骨盤と肋骨の隙間が小さい人は、生活習慣に問題があります。

 

生活習慣によって狭くなった隙間を、ストレッチやマッサージで広げる事が出来ます。方法は簡単で、筒状に丸めて形が崩れないように紐で縛ったタオルを用意するだけです。丸めたタオルを身体に対して直角になるように置いて、タオルがへその裏辺りにくるように寝転がり5から10分間キープするだけです。

 

面倒臭がり屋の人でも、寝転がるだけなので気軽に始める事が出来ます。とてもシンプルなので、誰でも出来ます。

生まれつきくびれがなくても作れる

くびれ,ある人,ない人,違い

 

くびれがある人とない人の違いは、遺伝的に骨盤と肋骨との距離の違いです。広いとくびれが出来やすく、いわゆる胴長体型だと出来やすいです。生まれつきで胴長じゃない人はくびれが出来ないかと言うと、そうでもないです。

 

元々胴長の人でもだらけた生活をしていると、寸胴体型になってしまいます。お腹周りの筋肉が使われなくなり、必然的にぽっこりとしたお腹になってしまいます。肋骨と骨盤が本来あるべき位置よりも近くなるので、余計に胴が短くなってしまいくびれがなくなります。

 

運動が苦手な人には、履くだけで矯正する事が出来るインナーがあります。履くだけで良いので、運動をしなくても良いので挫折する事もないです。履くだけで矯正されるインナーはきついイメージがあるが、全くきつくないのが特徴です。

 

骨盤ガードルビューティーシルエット なら、普通のインナーを履く感覚で履くだけです。寸胴体型になったら肋骨と骨盤の距離が短くなっているので、本来の位置に戻してあげます。このためには、こわばり腹筋エクササイズを行います。

 

横腹に意識を向けたエクササイズで、鍛える事で距離が長くなっていきます。このエクササイズを習慣にする事で、効果的に寸胴体型を改善出来るようになります。

エクスレーヴ骨盤ショーツの通販購入はこちら!トップページへ骨盤の歪みに悩みを抱えている方、骨盤矯正をして痩せたい方はトップページでエクスレーヴ骨盤ショーツについても確認してみてください。