くびれを作る歩き方

くびれを作るための歩き方

くびれ,歩き方

 

ウォーキングはダイエットの効果が高く、有酸素運動として取り入れるとクビレ効果も期待出来ます。しかしダラダラと歩いていては効果がなく、ダイエット効果も半減します。

 

ただしウォーキングを行う事で、くびれはもちろんお腹周り全体を引き締める事が出来ます。ウォーキングのやり方は、正しい姿勢で歩く事です。正しい姿勢で思い浮かぶのが胸を張って歩くと思いますが、胸を張り過ぎる事で反り腰になってしまうと腰に負担がかかってしまいます。

 

正しい姿勢は肩から腰・足までが一直線になり、腹部に適度に力が入っている状態です。肋骨と骨盤の間を広げるようにして胸を張って、肩の力を抜きます。腹部に力を入れてお尻を引き締めるようにイメージして、姿勢を意識して歩く事で初めてウォーキングによるくびれ効果は得られるようになります。

 

足を一歩踏み出す時にかかとから着くようにして、足の裏側が伸びてつま先に重心が移行するようにします。お尻を引き締めて骨盤から前に踏み出す事を意識して、一本の直線を歩くように足を左右交差する事で自然と脇腹がねじれてくびれ効果が発揮されます。

 

1日30分程度のウォーキングを毎日継続する事で、ダイエット効果も期待出来るようになります。

ウォーキングでくびれを作る

くびれ,歩き方

 

くびれを作るには肋骨と骨盤の間にあり、骨の無い空間がくびれになるので日常生活で姿勢が悪いと肋骨が下がって骨盤の間が緩んでしまいます。くびれの可能な範囲が狭くなりくびれが出来にくくなるので、くびれを効果的に作るには空間を保ちながらのエクササイズを行う必要があります。

 

このためには、正しい姿勢でウォーキングする必要があり、肋骨の位置が保たれくびれ空間を確保出来るようになります。また有酸素運動によって、脂肪燃焼効果でお腹周りがすっきりとします。正しい姿勢は腹筋で肋骨を引き上げると、骨盤との距離が広くなります。

 

肋骨が床と水平で腹部の空間の圧迫がなくなり、つまりが解消されくびれを作るのに効果的な状態になります。視線も真っ直ぐになり、ウォーキングによるカロリー消費もアップします。腹筋を意識して正しい姿勢を作って、肋骨を正しい位置に保ってくびれやすいウエスト空間を作ってくれます。

 

正しくない姿勢は腹筋がゆるんで肋骨と骨盤の距離が近くなっていて、これでは本来くびれる空間が狭くなって詰まってしまいます。腹部も圧迫されて下腹もポッコリになり、視線も落ちて歩幅も小さくなります。カロリー消費も減少するので、痩せにくくなります。

1週間でウエストのくびれを作る方法

くびれ,歩き方

 

ウエストのダイエットには骨盤を矯正する事で、くびれを作る事が出来ます。骨盤が開いていたり歪んでいる事で、皮下脂肪が付きやすくなるので骨盤が正常な位置にあるかどうか確認が必要です。骨盤は身体の土台になるので、歪んでいると背骨等の全身の身体の歪みに繋がります。

 

全身が歪むと、筋肉のバランスも悪くなります。筋肉が疲れやすくなるので、消費エネルギーが低下していってしまいます。脂肪が溜まりやすい身体になり、肥満になってしまいます。骨盤周辺のウエスト部分は、太ももの脂肪が付きやすくなるので下半身太りになります。

 

このため、骨盤が歪んでいるか確認する必要があります。その方法は仰向けに寝て、自然に力を抜いた時に足に先を見ます。綺麗なVの字になっていれば問題ないですが、Vの字になっていないと骨盤が歪んでいる可能性があります。

 

矯正する方法は足を肩幅に開いて立って腕は胸の前でクロスして、膝の間に丸めたタオルを挟んで足を内側に引き締めるように意識してスクワットをします。毎日行うのなら20回を1セットで、1日おきなら2セット行います。

 

普段の生活の中でも、坂道や階段の上り下りや電車で立っている時等に、足と腰の筋肉が鍛えられるので骨盤が引き締まります。

エクスレーヴ骨盤ショーツの通販購入はこちら!トップページへ骨盤の歪みに悩みを抱えている方、骨盤矯正をして痩せたい方はトップページでエクスレーヴ骨盤ショーツについても確認してみてください。